ロード中...

味わい
原産国
地方名
ヴィンテージ
 ~ 
キーワード
価格
 ~ 

レ・マッキオーレ

「世界トップクラスのカベルネ・フランの表現」であるパレオ・ロッソは垂涎の1本。

レ・マッキオーレ


『レ・マッキオーレ』は、「サッシカイア」、「オルネライア」などイタリアを代表する名だたるスーパー・プレミアム・ワインを生み出す銘譲地・ボルゲリの地に門を構えるワイナリー。商家の息子として誕生した巨匠、故エウジェニオ・カンポルミ氏が、1983年に設立。貴族がその大半の地を所有する中にあって、彼はただ一人、地元の農家として世界に名を轟かすカンティーナを造り上げました。

1983年にワイナリーを興しましたが、ファーストヴィンテージは1989年。その間は、研究に時間を費やしました。
1991年、ファーストヴィンテージである「パレオ・ロッソ '89」発表。
1995年には「パレオ・ロッソ '92」がイタリアワインの見本市「ヴィニタリー」にてサッシカイアやオルネライアなどを差し置き、ボルドーのスーパー・セカンド、シャトー・ピション・ラランドに次ぐ2位に輝きました。
これがレ・マッキオーレの華麗なる歴史の幕開けです。

その後メルロー、シラーによる単一品種でのワイン、それぞれ「メッソリオ」、「スクリオ」を世に送り出し、これらが押しも押されぬプレミアム・ワインとしての名声を確立。2001年には、それまでサンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィ等との混醸であった「パレオ・ロッソ」を、カベルネ・フラン100%のブランドとして完成させるのです。
 
カベルネ・フランは、エウジェニオが一番初めに自分の畑に植えた記念すべきブドウ、ボルゲリという土地における大いなる可能性を信じた品種。何年もの時間をかけ、少しずつその使用比率を高め、遂に2001年、待望のカベルネ・フラン100%のパレオ・ロッソを実現させたのです。しかし皮肉なことに、これが生涯をワイン造りに捧げた男が瓶詰めした、最初で最後のヴィンテージとなったのです。
エウジェニオは生前「ビジネス目的でワインを造っているのではない」と公言しました。
世界的な名声を獲得してからも、とにかく自身で納得のいく品質・味わいのワイン造りにこだわったエウジェニオ。純粋に、「より多くの人に自分達のワインを楽しんでもらいたい」と願っていたのです。
彼の哲学は畑にあり、自然にあり、そして人にありました。自然を尊重し、土地を守り、人の個性を出す。そしてブドウ本来の個性を出すこと。この考えはレ・マッキオーレがスーパー・ワイナリーへの階段を駆け上がる最も大切な時期をともにした"スター・エノロゴ"、ルカ・ダットーマの考えでもありました。
しかし、多くの人に愛され、尊敬を集めていたエウジェニオは、2002年にこの世を去りました。
そんな悲しみも冷めやらぬ中、レ・マッキオーレの買収に数多くの資本家達が莫大な金額でのオファーするなど名乗りをあげたといいます。しかし妻のチンツィアはこの土地を手放そうとはしませんでした。エウジェニオと共に築き上げてきたもの、彼の意思と情熱は、そのまま彼女の意思と情熱でもあったのです。
現在ワイナリーでは、設立当初からの彼の右腕であり最高の理解者でもあったチンツィアが、家族と共にエウジェニオの意思を受け継ぎ、ワイン造りを行っています。
1967年にボルゲリ地区の隣町、ビッボーナに生まれたチンツィア。
エウジェニオ・カンポルミ氏と20歳の時に結婚し、夫婦二人三脚でワイナリーを運営し、イタリアトップクラスの名声を得るまでに至りました。
マッキオーレ社が目指すのは、「マッキオーレ固有のワインをボルゲリで造る」こと。
外部から進入してきたのではなく、地元出身だからこそ出すことができるテロワールの表現方法を目指しています。
自分たちの目指すべきものを理解するために、ワイナリー草創期は色んな品種を植え、仕立て方法や密植度、剪定方法を駆使し、どのようにすればこのボルゲリのテロワールと上手く融合できるを試行錯誤していました。
それにより、『ブドウの樹が自然にバランスをとる』ことを何よりも大切にしています。
人の手の介入を最小限に抑えながら自然の力で凝縮した、ストレスが少なくバランスの良いブドウからできるワインこそが素晴らしいワインだと信じています。
マッキオーレへの評価とルカ・ダットーマの名声は平行して高くなっていきました。
ルカ・ダットーマ氏は1964年生まれ。ヴェネト州の有名な醸造学校である、コネリアーノ醸造学校で醸造学を修了し、卒業後は多くのワイナリーで修業を積みました。
若かりし頃からその才能を発揮し、「醸造は経験に基づく洞察力、勘が大切」という彼は、トスカーナ州を中心に名だたるワイナリーのコンサルタントを経験。(トゥア・リータ、ポッジョピアーノ、ガッリオーレなど)

マッキオーレやトゥア・リータなどを一気にスターダムに押し上げたとして、イタリアワイン界の一時代を築いたエノロゴ(醸造コンサルタント)として地位を確立しました。現在でも、マッキオーレの醸造コンサルタントを務める傍ら、自身のワイナリー『ドゥエマーニ』でもワイン造りを行っています。
※マッキオーレでの醸造コンサルタント契約は1991年から。
マッキオーレ社はボルゲリの他のワイナリーを真似するのではなく、「独自のスタイル」を追求しています。 成功の秘訣はまさにココにありました。それは、「ボルゲリのテロワールを100%表現できるワイン造りを目標とし、研究に時間を重ねた」こと。その積み重ねた研究のお陰でボルゲリ地区に適応するのは国際品種、メルロー種、カベルネ・ソーオヴィニョン種、カベルネ・フラン種、シラー種など・・・と分かりました。

一般的に同地区ではこれらをブレンドしたワインがポピュラーであり、長所は受け入れられやすいワインができること、ヴィンテージ差が少ないこと。その反面、個性に欠けやすいというデメリットがあるとマッキオーレ社では感じていました。単一品種への挑戦は、半ば賭けに近いものがあります。なぜなら、ブレンドのワインと異なりつじつま合わせができない分、一切の妥協ができないから。ミスをすればダイレクトにワインの状態へ反映してしまいます。しかし、マッキオーレ社の「純粋で正直なワインを造りたい。忠実にテロワールを表現したい。」というワイナリーの実直なフィロソフィーには合致します。

 
 


1989年 パレオ・ロッソのファーストヴィンテージ
1989年~1998年 カベルネ・ソーヴィニョン + カベルネ・フラン + サンジョヴェーゼ
1999年~2000年 カベルネ・ソーヴィニョン + カベルネ・フラン
※ここまでは「ボルゲリ D.O.C.」としてリリースされていた。
2001年~ カベルネ・フラン 100%へ変更、現行のスタイルへ変更となる
※同時に「トスカーナ I.G.T.」へ。

2009年ヴィンテージのワインは20周年記念ラベル

パレオ・ロッソのファースト・ヴィンテージは1989年。 【写真中央】2009年ヴィンテージは生産開始から20周年となりました。トスカーナのデザイナーによる手書きのデザインで、「Paleo」の書体はファーストヴィンテージと同じものを使用。※記念ラベルでの展開は、2009年限定となります。
>商品販売ページヘ
>商品販売ページヘ
>商品販売ページヘ
>商品販売ページヘ

●サポートセンター(お問い合わせ先)
株式会社ライツアパートメント
「アールエーワイン」担当:中野
メールアドレス: support@rawine.com
●お支払い方法について
当ショップでは、銀行振込、代金引換(現金)またはクレジットカード決済(VISA・MASTER・JCB・ AMEX・Diners)でのお支払になります。
●お支払いについて
お支払い総額は以下の通りです。
商品代金合計+送料+代引き手数料です。
代金は商品配達時に配達員へお支払いください。

商品代金合計10,800円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料となります。

代引き手数料(税込)
10,000円未満 324円
10,000円以上~30,000円未満 432円
30,000円以上~100,000円未満 648円
100,000円以上~300,000円まで 1080円
●いたずら注文・なりすまし等への対応について
◆注文時の対応
お客様のお届け住所等の記載内容確認を、お電話かメールにてご本人様確認をさせて頂くことがございます。その際ご連絡が取れない場合や、本人確認ができない場合は、キャンセルさせていただきます。予めご了承くださいませ。
>> いたずら注文・なりすまし等への対応について(詳細)
●営業日について
土日祝日はメール返信休業日です。
お休み明けにつきましては、先にご連絡、お問合せいただきましたお客様より順次ご回答させていただきます。
●発送について
通常、ご注文後2~3営業日以内に弊社より発送させていただきます。
配送曜日、時間指定(午前中、14:00~16:00、16:00~18:00、18:00~20:00、19:00~21:00)が可能です。
※銀行振込の場合は振込確認後、2~3営業日以内に弊社より発送させていただきます。
●配送について
配送業者はヤマト運輸でお送り致します。
●配送費について
配送業者はヤマト運輸でお送り致します。
北海道 1900円
東北 1450円
関東・信越 1150円
中部・北陸・関西・中国・四国 1050円
九州 1100円
沖縄・離島 2800円
クール便利用時は1梱包あたり別途クール代金324円を申し受けます。
※アールエーワインでは5月~9月までワインの品質保持のためクール便をおすすめしております。
●再配達について
ヤマト運輸様の規約により発送後1週間以内にお受け取りできない場合、ヤマト運輸様にて再配達はできないのでご注意下さい。
またその際は注文をキャンセルとさせていただきますので、お受け取りはなるべくお早めにお願いします。