ロード中...

味わい
原産国
地方名
ヴィンテージ
 ~ 
キーワード
価格
 ~ 

ワインの知識 Q&A

ワインの基礎知識、選び方、飲み方、保存について

ワインの知識 Q&A


ワインはヴィンテージが古いほど高くて良いワインですか?
ワインには「飲みごろ」というものがあり、その時期はワインによって異なります。若いころが飲みごろのものもあれば、熟成しないと真価を発揮しないものもあるので、一概には言えません。ただ、長期熟成させるにはブドウの品質が高くなければいけないので、それに伴ってワインも高くなる傾向があります。
安いワインは美味しくないのですか?
ワイナリーがワインを造るとき「早くに飲んで美味しいワイン」なのか「熟成して美味しくなるワインなのか」をというコンセプトを考えて造っているので、良し悪しは飲む人の好みによります。
格付けワインとテーブルワインの見分け方は?
エチケット(ラベル)に記載されています
シャトーとはどういう意味ですか?
「ワインを醸造・貯蔵する建物のあるブドウ園」という意味です。 
スパークリングワインとシャンパンの違いは?
スパークリングワインにも様々な種類がありますが、その一つがシャンパーニュ(シャンパン)です。フランスのシャンパーニュ地方で作られ、醸造・熟成に至るまで、法律に定められた厳しいルールをクリアしたものだけがシャンパーニュ(シャンパン)を名乗ることが出来ます。
赤ワインのボトルは緑色ですが、なぜですか?
日光や蛍光灯の光はワインの劣化の原因となるため、色のついたビンにより、光の透過を防いでいます。緑は赤の補色で、赤色の褪色を防ぐ効果があります。
赤ワインの表現の中で「ボディ」というのはどんな意味ですか。
ワインの重さを表します。フルボディならどっしり重め、ライトボディなら軽め。我々に親しみのある言葉だと「コク」が近いかも知れません。
栓を抜いた後、ソムリエがコルク栓のにおいをかぐ意味は?
ブショネ(コルク臭)が無いかどうか確認をしています。臭いをかぐことで、ワインの品質が劣化していないかどうかを確認します。
ワインの飲み頃の温度はありますか?
ワインは温度によって味わいや香りの感じ方が変化します。それぞれのワインに最適な温度で飲めば、味わいや香りを楽しむことが出来ます。
温度を上げると、香りの広がりが大きくなり、甘み・アルコール感が顕著になります。温度を下げるとフレッシュ感が際立ち、酸味・渋みがより鋭敏に感じられます。

<参考>
ボルドーの赤ワイン:18~20℃
ブルゴーニュの赤ワイン:16~18℃
軽い赤ワイン:12~14℃
コク&上質白ワイン:12~14℃
辛口白ワイン:6~12℃
ロゼワイン:6~10℃
スパークリングワイン:6~8℃
ギフト用のワインの選び方はどんなポイントがありますか?
お客様のご要望によって異なります。ギフト選びに困ったら「ソムリエおまかせセット」をご利用ください。お客様のご要望に合わせてソムリエがワインを選定いたします。

ワイングラスをくるくる回すこと(スワリング)はなぜですか?
ワインを空気と触れさせて開かせるためです。閉じていた香りを空気に触れさせることで、華やかに広がります。
ワインの飲み頃はいつですか?
そのワインによって異なります。目安としては10年後が美味しいかもしれませんが、若い味わいが好きな方は飲み頃は早くなります。そのため、ワインを飲まれる方の好みによって飲み頃は変わります。
ワインと料理、どう合わせればいいですか?
まずは、ワインの色と、素材の色を合わせることがか簡単なコツになります。例えば赤ワインなら赤身の牛肉、白ワインなら鶏肉やお魚と行った具合に、同じ色の素材を持ってくるとワインの味わいを楽しむことができます。次に、味のイメージが似ているワインと料理を組み合わせることです。料理の味わいがあっさりタイプであれば、軽くて早のみタイプのワイン、しっかり・こってりした料理であればコクのある熟成タイプのワインが合います。また香りや風味をもつ料理とワインの香りを合わせるのも1つのコツです。
ワイングラスを持っていません。普通のコップで飲んでも大丈夫ですか?
大丈夫です。どのようなグラスでも飲めますし、フランステーブルワインを飲むときは普通のコップというお店もあります。しかし、味わいにこだわって飲む場合は本格的なワイングラスで飲むことをオススメいたします。
ワイングラスには色んな種類がありますが、どう違いますか。
ボルドー型のグラスは先が少しすぼまっており、フルボディタイプのワインや、渋みの強いワインをまろやかに飲みたいときに最適です。ブルゴーニュの場合はボルドーグラスに比べてワインが空気に触れる面積を大きくし、香りを引き出してくれるので、香り豊かで酸味のある赤ワインに最適です。
飲み切れないワインをうまく保存するには?
飲み残したワインは、冷蔵庫に入れておけば1週間程度、酸素に触れにくいバッグ・イン・ボックスに入ったものなら1ヶ月程度はお楽しみいただけます。ボトル内の空気を抜いて保存できるワインセーバーなど空気と触れないように保存グッズを使うと酸素が触れにくく、味わいの急激な変化を防ぐことができます。
ワインを横にして保存する理由は?
コルクが乾燥し、瓶との間に隙間ができなくなりワインが酸化しやすくなります。酸化すると、酸味の味わいが強くなりバランスが崩れてしまいます。またワインの栓を抜く際にスムーズに開けるためでもあります。
家庭での保存はどうしたらいいですか。冷蔵庫で保存しても大丈夫ですか?
湿度の変化が少なく、光の当たらない、涼しい場所に保管するのが最適です。床下の収納庫や、押入れ、段ボール箱に入れておくと温度の変化が少ないです。冷蔵庫は乾燥し、温度も低いのであまり保存には向きません。どうしてもという場合は、新聞紙を巻いて野菜室に保存するのがベターです。(1~2週間程度)
コルクや瓶口のカビは大丈夫?
コルクの上に生えるカビは、拭き取ってから飲んでいただければ問題はありません。
ワインの賞味期限表示をしてないのは?
醸造元や年によって長期熟成タイプのワインや早めに飲んだほうがいいものなどがあり、はっきりとした「賞味期限」を表示しておりません。
赤ワインの澱(おり)って何ですか?
赤ワインの中のタンニンやポリフェノール、たんぱくといった成分が熟成中に結合してできたものです。
白ワインの酒石(しゅせき)って何ですか?
ブドウに含まれている酒石酸がカリウムとして結合して結晶したものです。
コルクを抜く時に失敗しない方法は?
コルクが乾燥しているとコルクがうまく抜けずに折れてしまうことがございます。ワインを開ける1時間ほど前にボトルを横にしておくと、コルクが適度に湿って抜けやすくなります。また、コルクスクリューが垂直に入っていなかったり、栓抜きの力が垂直方向になっていないとスムーズに開けるのが難しいので、注意しましょう。
シャンパンは、音を立てず開けるのがエレガント?
シャンパンは、音を立てないようにコルクを抜くのエレガントです。ナプキンをワインの口に巻いて、コルクの頭をしっかり押さえながらゆっくり抜くのがコツです。

●サポートセンター(お問い合わせ先)
株式会社ライツアパートメント
「アールエーワイン」担当:中野
メールアドレス: support@rawine.com
●お支払い方法について
当ショップでは、銀行振込、代金引換(現金)またはクレジットカード決済(VISA・MASTER・JCB・ AMEX・Diners)でのお支払になります。
●お支払いについて
お支払い総額は以下の通りです。
商品代金合計+送料+代引き手数料です。
代金は商品配達時に配達員へお支払いください。

商品代金合計10,800円(税込)以上お買い上げの場合は送料無料となります。

代引き手数料(税込)
10,000円未満 324円
10,000円以上~30,000円未満 432円
30,000円以上~100,000円未満 648円
100,000円以上~300,000円まで 1080円
●いたずら注文・なりすまし等への対応について
◆注文時の対応
お客様のお届け住所等の記載内容確認を、お電話かメールにてご本人様確認をさせて頂くことがございます。その際ご連絡が取れない場合や、本人確認ができない場合は、キャンセルさせていただきます。予めご了承くださいませ。
>> いたずら注文・なりすまし等への対応について(詳細)
●営業日について
土日祝日はメール返信休業日です。
お休み明けにつきましては、先にご連絡、お問合せいただきましたお客様より順次ご回答させていただきます。
●発送について
通常、ご注文後2~3営業日以内に弊社より発送させていただきます。
配送曜日、時間指定(午前中、14:00~16:00、16:00~18:00、18:00~20:00、19:00~21:00)が可能です。
※銀行振込の場合は振込確認後、2~3営業日以内に弊社より発送させていただきます。
●配送について
配送業者はヤマト運輸でお送り致します。
●配送費について
配送業者はヤマト運輸でお送り致します。
北海道 1900円
東北 1450円
関東・信越 1150円
中部・北陸・関西・中国・四国 1050円
九州 1100円
沖縄・離島 2800円
クール便利用時は1梱包あたり別途クール代金324円を申し受けます。
※アールエーワインでは5月~9月までワインの品質保持のためクール便をおすすめしております。
●再配達について
ヤマト運輸様の規約により発送後1週間以内にお受け取りできない場合、ヤマト運輸様にて再配達はできないのでご注意下さい。
またその際は注文をキャンセルとさせていただきますので、お受け取りはなるべくお早めにお願いします。